自然消滅した元恋人と復縁の可能性は

自然消滅は、きちんとした別れの言葉がなかったり、つき合いがいい加減なものになっていったりします。後になって、「もっといいつき合いができたんじゃないか」と後悔することがあります。そのため、復縁を考える人も多いです。自然消滅した場合、復縁はできるのでしょうか。

自然消滅の理由による

再びつき合うことができるかどうかは、自然消滅した理由が大きく関わってきます。ある程度時間が経つことで、お互い成長したり、恋愛に真剣に向き合える状況になったりします。もっといい恋愛ができるとお互いに考えられるようになった場合には、復縁の可能性は高くなります。

ですが、理由によってはよりを戻すのが難しい場合もあります。アプローチの方法なども変わってきますので、自然消滅してしまった理由を正しく見極めることが大切です。

復縁しやすい場合

お互いの気持ちが希薄になっていくことで、連絡をとる機会が減ると、自然消滅しやすくなります。忙しかったり、自分の趣味や用を優先したりして相手をないがしろにすると、恋愛に割ける時間は減ります。お互いがそんな感じだと、気持ちもつき合いも希薄になっていってしまいますね。

自然消滅が不可抗力の場合は、よりを戻せる可能性が高いです。お互いが成長して、いい恋愛がしたいと思うようになれているときに、交渉を持ちかけることができたら最適です。

復縁が難しい場合

こちらは自然消滅だと思っていても、実はそうでない場合もあります。相手が故意に、ふたりのつき合いを自然消滅させることがあるからです。別れたくても言い出せない人もいます。相手は、別れたいという確固たる意志を持って連絡をしなくなり、自然消滅が起こる可能性もあるということです。

結婚観や価値観に大きなズレがあった場合には、自然消滅が相手に誘導されて起こった可能性が高いです。他に好きな人が出来た場合も同様です。

別れを切り出すことは、結構なエネルギーが必要です。自然消滅の方が楽だと考える人もいます。

連絡を入れて確かめる

よりを戻せる可能性があるかどうかは、相手の反応のを見るが1番わかりやすいです。やり直したいと思ったその時に、1度連絡をしてみてください。可能性があるなら、肯定的な返事や反応が得られるでしょう。

どちらにしても未練が残っているのなら、気持ちに決着をつけるためにも合って話し合いをしたい旨を相手に伝えるといいです。曖昧なまま、時が過ぎてしまうよりも、前に進むきっかけになります。